公認会計士の資格取得方法

公認会計士になるには資格を取る必要があります。

公認会計士の最短取得

公認会計士の資格取得方法

公認会計士の資格を取得するためには資格試験に合格することが必要です。

国家資格であるためかなり狭き門と言われていますが、この試験を通らないことにはなれないわけですから、試験に通過することを目標にひたすら勉強するしかありません。

公認会計士は会社の決算書を監査するなど、会社の財務面に対してチェックする作業をおこなうことが主な仕事になりますので試験でもそれらに付随する内容が出されます。

財務的なものはもちろんのこと、経理や税務などに関する事柄も必須となります。

また、金融や経済といった分野も欠かせません。

これらの知識を問うマークシート式の試験がおこなわれ、この試験に合格すると次は論文式、つまりは記述式の試験となります。

自らの言葉で書いていくわけですから筆記以上に難しいと言われていますが、傾向と対策を知り、事前にしっかり準備しておけば恐れるものではありません。

公認会計士は国家資格であり、かなりの狭き門と言われている以上は易々とクリアできる試験ではないのですが、恐れてばかりいても何も始りませんので、恐れず立ち向かってください。

資格を取ってしまえば、あとは実務作業に向けての研修などがあり、それが終われば晴れて公認会計士になれるのです。

< お役だち情報サイト >
海軍経理学校

Copyright (C) www.gridironbarandgrill.net. All Rights Reserved.

公認会計士の最短取得